自分の未来をビルドしたい

未経験で職務経歴がボロボロの人がSEを目指していきます

QIITAでやれ?え…なんか怖いもん

クク…オフェリア…

 

体調壊してリハビリ中な私ですが、生きています。

勉強できるコードが自由に書ける時間が増えたので、

気ままに基本情報技術者やら基礎の練習やらpostgreSQLの勉強やらやっています。

 

んで、コンパイルエラー。なんか文字に起こしただけでも嫌になってくるな。

サンプルコードで出たんですよね。

import java.util.*;

public class Main {
public static void main(String[]args){
System.out.println("ご利用のJavaのバージョン:");
System.out.println*1;
//インスタンス生成
Properties p = System.getProperties();
Iterator<String> i = p.stringPropertyNames().iterator();
System.out.println();
System.out.println("【システムプロパティ一覧 】");
//次の値を得るまで繰り返し
while(i.hasNext()){
String key = i.next();
System.out.println(key + " = ");
System.out.println(System.getProperty(key));

  }
 }
}

 

インデントとか、「え、こんなシンプル基礎オブ基礎で…え?」とか

言わないで悲しくなるの、自他ともに認める豆腐メンタルなの。

赤字がコンパイルエラー起こしている場所ですね。

使用しているJavaのプロパティ取ってこいつう処理な訳ですが…

未定義って出るんですよコイツ。

うん?スペルミスかな?と思ったけれど違う。

悩んで5分、思いついた(余計な事が大半)。

ブログに書いてTwitterで載せたらアクションあるのかな、と。

 

正直ノーレスポンスか「クソ雑魚が、エンジニアやめたら?」

というネガティブな将来しか考えられませんが物は試し!

 

んでついで今読んでいる書籍の紹介。

 

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

 レッドマーキュリーは関係ないからね。

東野圭吾ガリレオシリーズ最新作。

いや本当に東野先生の文章は読みやすいです。んでガリレオこと湯川教授が尊い

本作の本筋はまあレッドオーシャンだからね、他に優れたレビューや感想あるからね。

なにより新鮮な気持ちで読んで欲しい。

だから買った人は帯を見ないふりして綺麗に取ってね、すぐに。

帯にね、ああいうこと書いちゃダメじゃないかな‥うん。

 

久しぶりに書いたけれどまとまりも論理性の欠片もない文章だぁ…

 

一度綺麗な文章を探して模写しようかな、と考えている所存です。

では、チャオ

*1:System.out.getProperty("java.version"

闘わなければ生き残れない

仮面ライダー好きの方なら、このキャッチコピー聞いたことがあるはず。

私が仮面ライダーシリーズで最も好きな「龍騎」のキャッチコピーです。

当作品は文字通り仮面ライダーとしては異例のライダー同士のバトルロワイヤルで最後に生き残った一人が己の望みを叶えられるという非常にヘビーな内容となっています。

作品のエピソードひとつひとつも大人が見ても楽しめる逸品です。

 

 ここで私が注目したいのはこの作品の登場するライダー達の台詞です。

仮面ライダーベルデ、高見沢という一癖も二癖もある表向きは敏腕経営者という人物が放った言葉が個人的に胸に刺さります。

「人間はみんなライダーなんだよ」「生きるってことは他人を蹴落とすことなんだ

生きることは綺麗ごとだけでは終わることなく、意識せずとも誰もが誰かを蹴落として生きている。そういう風に自分は受け取っています。

生きて闘い自身の望みを叶えるために他人を犠牲にする。

見ていた当時は文字通りの意味でしか感じられませんでしたが、今は当時とは違う意味で感じ取ることができ深い言葉だなと感じます。

他人を犠牲にしていない、自分は他人を大事にしていると豪語する人もきっと誰かを犠牲にしているはず。

生きることの業の深さ、奥深さを知るなら是非「仮面ライダー龍騎」をご鑑賞おすすめします。

 

 

忘年会の余興はなにを生み出す?

忘年会の強いられる余興はなんの効果がある?

 

今年ももう終わりが近づいていきましたね。

本当にあっといいう間に終わりますね。

 

そんな師走の中で行われるもの、忘年会。

今年を生きてお疲れ様!辛い事や大変なことは一時忘れ新しい年を迎えましょう!

いやはや素晴らしい催しですね…とでも言うてか!?

 

なんだあれ、いやなんですかアレ。

貴重な金・時間を費やして上司に気を遣い余興を強いられる。

なんとも非生産的な催しになったと思います。

別に個人としては上司に酌を注いでビール瓶のラベルは上じゃ、おちょこの注ぎ口からはNGはいいんですよ。上司や同僚の愚痴も喜んで聞きましょうとも。

そこから「あ、この人こうなんだ」「実はいい人だな」「やっぱりこういう人なんだな」とか新しい発見や人脈作りに繋がります。

そして酔いがまわり気分が良くなり自然と出てくるのが余興というものだと私は考えています。

 

それをなんか「今年はUSA踊りましょう!」

…は?踊ってなんか誰か得するの?ていうか何番煎じなの?

流行っているものをやって盛り上げていこうってのは、まぁ分かります。

でもそれをわざわざ練習する?ん?

他にも「今年は〇〇しましょう!」とか変に企画して、表面みんなニコニコしていて内面冷え冷えですよ。

 

もうさ、無理に盛り上げようとしなくていいじゃないですか。

余興じゃなくても飲み会の立ち振る舞いで印象付けましょうよ。

なにが悲しくて踊らないと…いけないんだぁ!!!!

チャオ!!!!

座る時間って意外と長くない?

だから椅子って大事だと思うんですよ。

あのパイプ椅子っていうやつはアレは本当にさ!なんかさ!

あれに座るんなら地面のほうがいいや…ってくらいに痛いですよね。

はるか遠くの思いで…寒い体育館であれに長時間座るのは本当にきつかった。

 

でも今のいすも木製でクッションなしでクッソ座り心地悪いんですよ。

なので来月にね、いわゆるゲーミングチェアってやつを買おうかと。

でもやっぱり良いものはいい値段がする、知っていた。

でも世にはリーズナブルなものでなかなかの良品が転がっているもんですね。

 

 これに決めた!うん!腰痛辛いし、レザーだと夏だとべたつくし熱いわで良いことがない。どうぞ、座ってみてください。余裕のリクライニングだ。機能性が違いますよ。

 

一番気に入っているのは「値段」だ‥‥チャオ

体にスイッチがあればね

相も変わらず睡眠で悩まされている私です。

先輩社員に診察結果と今後の見通しを話したんですがね。

 

うん、無理な事を言うなぁ…という印象でした。

「今の病気すぐになんとかできないの?」

いやあのねバグじゃないんですよ、バグでも消すの時間かかるでしょ。

まだ風邪とかなら分かりますよ、普通の風邪なら。

睡眠関係の病気を一朝一夕でなんとかしろって、それは無理でしょう。

対策は?と聞かれたんで思いつくままの対策を言いましたが、やはり速攻性のある

対策を所望している様子。

向こうの気持ちも分かるんです。お客さんのところでペーペーのスキルないやつが船こいていたら「え、この人。というかこの会社大丈夫なの?」って評価に響きますもんね。

そりゃあこっちも明日になったら、「すげぇ…前の眠気が嘘のようだぜ」みたいなことを言ってシャカリキで働きたいですよ。

なんか早く早くと言われると焦る性分なので抑うつまで酷くなりそうな感じで怖いですね。

もやもやするので本屋に行って「基本情報技術者」対策の本買ったんですよ。

 

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成29年度 (2017年度)

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成29年度 (2017年度)

 

 

画像はH29のものですが実際は来年度の対策の新しいのを買いました。

一番気に入っているのは「値段」だ‥‥。

 

これで読み込んで勉強してIT知識に強くなって仕事やりやすくするぞい!

では、チャオ。 

SASだってよ。

ー SASって? ー

 

え、SAS?Special Air Serviceがなんだって?

そっちじゃなくて、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndromeの略称です。

 

仕事で叱られて作業が捗らない大きな原因はこいつだったんですね。

しかし、まさかこの歳でそんな症状になるとは…

でも意外と若い人でもなることが多いみたいです、特に最近では。

 

その原因が食生活の乱れによる肥満。

僕、まぁ軽く??おデブちゃんなんですね。

というか短期間で抑うつの薬の副作用で太りまして。

後は間食やら炭水化物の取りすぎやら運動不足やらが原因の数々です。

 

んで、肥満とSASが何が繋がるかというと、

         寝るときの人の咽喉部分です↓

é¢é£ç»å

ちゃんと呼吸が出来ていない、気道が何らかの理由で確保できていないと

無呼吸状態になるわけです。

それが僕の場合は肥満で気道が肥大化し狭まり気道確保が困難、舌の肥大化で気道を

塞いでいる。もしくは鼻づまりで口呼吸になり上手く睡眠時に呼吸できていないので

SASになっているわけです。

そしてこの状態が続くと睡眠時間をいくらとってもちゃんとした睡眠をとれていない。

つまり、寝ていても寝ていないのと同じような状態が続くわけです。

寝ている間に疲労回復やらいろいろしているのに、出来ていないということは

疲労が着々と積みあがっていきますよね。

そして日中の強い眠気やらが来るわけです、いやほんとに嫌ですよこれ。

傍から仕事中に居眠りなんかしている人を「お!仕事熱心だな!」って思います?

その逆で評価や信頼はだだ下がり。仕事にも支障をきたして怒られるわけです。

ただ当人としては訳が分からないんですよね。眠気が強くてなんとか眠らないようにしなくちゃってしていたら、意識が飛んで居眠りしちゃっているわけですから。

そしてその原因が分からない。自分が情けなくてしょうがなくなって泣きたくなります。

その状態を未然に防ぐためにも周りが理解してくれることが大事です。

居眠りをしょっちゅうして居る人が周りにいたら、「大丈夫?眠れてる?」

「体調大丈夫?」と声掛けしていきましょう。

その人の夜更かしでそうなっていたら、社会人としては考え物ですがそうでないのなら

病気の可能性も考えて上司や会社の福利厚生を持ってサポートしてあげるといいかも

しれません。その人は必死にみんなと同じように働きたいのにできないことに

非常に悩んでいるかもしれません。

もしかしたら、あなたが次に睡眠に関する病気になる可能性もあります。

お互いにいい職場環境を作り上げるために思いやる心が大事だと思います。

「いや、夜更かしでゲーム面白くってww」という社員はお灸をすえましょうね。

 

僕は今の職場で病気に理解あるメンバーに恵まれて非常にラッキーだと感謝しきれても

しれません。この恩を忘れずに何倍にも仕事上で返していきたいです。

 

またこの話題では経過を書いていきます、それではチャオ。

 

画像引用:*1

死ぬのは怖いからまた今度に

自身は抑うつ状態で、それを約4年間程続けています。

それが酷くなったり緩和されたりの繰り返しで自身はおろか周りにも一喜一憂させて、

迷惑をかけています。

新しい職場でも抑うつに繋がった症状なのかは分かりませんが、強烈な眠気や頭痛に

悩まされ初日から居眠り、その次に三日続けて休むなど労働者としての価値を疑われる状態となっています。

そんな人間が考えることはなんでしょうか。

そう、自殺企図です。

崖から飛び降りようか、いやあの橋がいいか、人がいない道路で車をぶつけて…

など考えてしまいます。

実際に何度か自殺未遂をしています。

首吊り、オーバードーズ(薬を大量服用すること)、リストカットや飛び降り未遂など

指では数えきれないくらいです。

未遂になって思うことはいつもこうです「なんで死ねないんだろう」です。

結局は怖いんですね、死ぬのが。

変なことを言いますが自殺願望のある方は死にたいんじゃないんですよね。

いまある苦しさ・辛さから逃れたい、考えることを辞めたいからです。

死==楽になると考えているからです。

 

なぜこんな記事を自身が書いているかというと、自殺しようかと考えたからです。

自分がいることで迷惑になる、自分なんていないほうがいい、考えることを辞めたいという発想が頭から離れないために書いています。

構ってほしいから、「死ぬことなんて考えないで」、慰めの言葉を頂くことはあまり想定して書いていません。

「あまり」と記述したのはそういう期待をどこかでしているから誰かの目の届くブログという形で発信している事実があるからです。期待していないのであれば、まさにチラシの裏に書いていればいいのです。

自殺を食い止めるには、この苦しい思いを止めるにはどうしたらいいのか、ということを考えて根本的な原因について考えてみたいと思いますが、それはまたの機会とします。

こういった思いを抱えている方は今の世の中でたくさんいらっしゃると思います。

そういう思いを恥じている方もいらっしゃるのでしょうか。

そんなことはありません。そう思うことは風邪と同じです。

表立った症状がなく理解され辛いのでそう感じるだけで風邪と同じ病です。

「そうかぁ、風邪かぁ…」と納得して少し心が和らいでいただくと幸いです。

ただこの風邪の厄介なところは完全治癒が難しい、治癒したかどうかが本人すら分からないところです。

それに風邪ですから根本的な原因から遠ざけないと治療が出来ません。

例えば職場環境が酷い、生活環境が苦しい、虐待をうけている、人よりストレス耐性が弱いなどです。

そのためにも病院に行ってみましょう、そこからです。

そしてこの病気を話して理解してくれる仲間をつくりましょう。

意外にも家族や親しい友人などにこういう病気は話しづらいものです。

誰でもいい信頼できる心の支えとなる人を見つけてください、そしてその人を大事にしましょう。

ただ依存はやめましょう、依存と信頼して頼るは似て非なるものです。

いま自分はこんな風に苦しい、つらい、死にたくなるといったことを気軽に言えて「うん、うん」と聞いてくれる人でそのことを誰にも言わない人です。

私も患わっている身ではありますが、ネットで話くらいは聞けます。

もし辛ければぜひお話ししましょう。そしてたくさん泣いて、心のもやもやをすっきりさせましょう。

 

それでは、チャオ。